ブログの毎日更新を続けるコツは『人に言えない目的』を持つこと。

ブログ

こんにちわ。しゅういちです。

 

✔ブログ実績

・毎日更新56日目
・収益アドセンス1円、アフィリ3円

 

弱小ブログですが56日間続けてきて合計4円ですが収益が発生しました。

 

 

会社の給料以外に稼ぐ方法を知らなかった僕ですが、収益を得る方法が見つかりました。

 

 

ちょっとしたお金ですがこの成功体験は人生を大きく変えてくれそうです。

 

 

この成功が得られたのは毎日更新してきたからです。

 

 

今ブログを頑張っている人、これから頑張る人にも毎日更新はおススメしたい。

 

 

やってみましょう!

 

✔ここで疑問

・でも毎日更新ってしんどくない?
・毎日ネタ続くの?
・時間の確保ができないよ!

 

毎日更新をすすめるのはいいけど、上記のような問題をクリアできるのか?と思うはずです。

 

 

答えは「大丈夫」です今回は上記のことについて答えていきたいと思います。

 

 

ブログの毎日更新を続けるコツは
『人に言えない目的』を持つこと。

僕の目的 ⇒ フリーになるためです。

なぜ毎日更新を続けるのか

✔毎日更新すれば稼げると聞いたから

安直な理由です。そして稼げるようになる保証などどこにもないです。なので僕が毎日更新しても稼げるかどうかなんて誰にも分りません。ですが毎日続けています。

 

理由は「リスクゼロ」だから。

 

 

記事を書いて読まれなくても「最悪読まれないだけ」です。命もお金も取られません。

 

 

ノーリスクなので安直な理由で始めても問題ないわけです。

 

 

となればあとは稼げるようになるまで継続するだけです。

 

でも毎日更新ってしんどくない?

✔しんどいです(笑)

かなりしんどいです。簡単ではありません。ネタ探しにしても時間確保にしても、楽勝ではないです。でもいつかフリーになりたいので噛り付いてでも続けていきます。

 

たぶん継続ってこの世で一番難しい行為だと思うんですよね。

 

 

毎日更新が続くのは10%程度だと言われてますし、僕も何度も心が折れかけています。

 

 

誰にでも始められることなんですが、誰もが継続できるわけではないんですね。

 

 

だけど目的達成のためには「継続無理~」とか言ってる場合じゃないので死ぬ気で書きます。

 

 

てか毎日ネタ続くの?

✔自然と湧き上がってくることはありません。常にネタ探しです。

読んでいる本や日常生活のことまでありとあらゆるインプットをしまくることが大事です。時には他の人のブログを回遊してインスピレーションを受けます。

 

ぶっちゃけ時々ネタを拝借して自分なりにアレンジして投稿することもあります。

 

 

ずるいと思う方もいるかもですが、数百万人いるブロガーが毎日違うネタを投稿することが逆に不自然ですし不可能です。

 

 

完全にコピペは問題あると思いますが、ネタだけを頂いて自分なりの記事を書くことは問題ないと思います。

 

どうやって時間を確保しているのか?

✔僕は朝4時半に起きています。なぜなら・・・

・日中はサラリーマンしてるから
・主夫業もあるから
・夜は子どもの相手もしなきゃならないから

 

という感じなので朝しかないと思って頑張って起きて書いています。

 

✔ちなみに朝を選ぶ理由は

・家族との時間は削りたくない
・誰にも邪魔されない
・頭がすっきりしている
・仕事終わりだと疲れて書けなくなる

 

特に「仕事後の疲労」はかなり厄介な敵なので仕事後は避けるか、どうしても朝に書き上げられなかったら仕上げだけの作業に限定して行っています。

 

 

だからどうしても早起きする必要があります。

 

僕にとって4時~出社するまでは超重要な時間です。

 

まとめ

✔毎日更新の目的

毎日更新すれば稼げると聞いたから ⇒ 稼ぎたい ⇒ 将来フリーになりたい

✔疑問解消

・でも毎日更新ってしんどくない? ⇒ しんどいけど死ぬ気で書く
・毎日ネタ続くの? ⇒ 血眼になってネタを探す(パクリもあり)
・時間の確保ができないよ! ⇒ 早朝書こう(僕は4時起き)

 

『人に言えない目的』を持ちつつ死ぬ気で書くことがコツです(笑)

 

 

「やってみないと分からない」と言っては元も子もないですが、やってみると見えてくるものもあります。

 

 

なのでとりあえず10日間続けてみましょう。行けそうだったら30日行きましょう。

 

 

そういう小さな積み重ねが大きな成果をもたらします。

 

 

僕も100日、200日続くように頑張っていきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

終わりです。


コメント