【自問自答】ブログって何?なにをしたい人が書くの?を考えてみた。

ブログ
Pocket
LINEで送る
Pocket

ブログとは

① 日記ではない
② 考えを綴るツール
③ メディアアート
④ 波にのれば稼げる

 

当たり記事には出逢おうと思って出会えるわけではない。
たくさん書いているうちにヒョンと出会えたりする。

 

だから狙って書こうと考えてはいけない。
つまり「稼ごう」と思って記事を書いてはいけないのである。

 

現に僕は稼ごうと思って書いているけど
稼げていない

 

いや、稼ごうと思ってもいいけど
「読者のために」を意識しないといけない

 

結局は読者がいないことには
稼ごうと思っても稼げないから

 

読者への情報提供を
考えて書かないと
読者は付かないし


結局は稼げない
という循環になる


では「読者のために」何を書いたらいいのか?
それは自分で考えないといけないけど

 

よく言われるのは
「自分が困った事をブログにする」である。


自分と同じ悩みを持つ読者もきっと
いるはずだからその悩みを解決するために

 

記事を書くというのだ。
もちろんそれが100%当たるわけではない。

 

だけどそういう「当たらない事」を積み重ねない限り
ブログで稼げるようにはならない。

 

ものごとを習得するには10000時間が必要
言われるけど、その時間には失敗の時間も含まれる。

 

毎日の活動時間を18時間として計算すると
555日、1.5年である。


たいていの人が仕事をしているだろうから
1.5年をまるまる注ぎ込めるわけではない。


毎日3時間を注ぎ込めるとした場合は
9.1年、ほぼ10年かかるということになる。


だけど逆に10000時間投下すればなんとかなると
考えた場合、活動時間を1分でも1秒でも注ぎ込めばいい。

 

つまり「考えずにとにかく手を動かす」
そして「公開する」をやり続けるしかない。


で、結論が「とにかく継続」となるわけです。


つまりブログで稼ごうと思った場合の答えは
「やり続ける」だけ。


ブログとはそういうものです。


それらを踏まえてブログとは?

① 人に情報提供するためのツール
② 10年くらい続ければ自分にもリターンがある
③ 当たり記事は運が良ければ生まれる

です。


上記を考えながらだと心が折れるので
適当にやっていきましょう。


そのうち何か成果が出ると信じて。


というお話でした。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメント